リチャード : 「ようこそおれさまのblogへ。本体?しらんがな」


by qodama

LK・クリエでGv

今回珍しくAXを使わずにLK・クリエで参戦したので反省などをまとめてみる。

□LK□
・やっぱり優遇職。SPは(MSPに対する割合としては)使うが、アイテム消費量はAXと比べ格段に低い。
・基本的に敵によって$とアンフロ、猫とベレーと睡眠耐性、PAと状態異常槍をそれぞれ切り替えるのが良いが、それだけで済む。
・つーか足はええ!IAあればほぼ確実に先陣切ってER到達。中見て報告余裕。
・アイテム消費を丸く抑えるのには有効だが、ハッキリ言って面白味に欠ける万能職。

使用スキル:プロボ、バッシュ、スタブ、SpP1と5、コンセ
プロボ 詠唱妨害にやっぱり優秀。ただし過信は禁物。
バッシュ 中VIT以下にはやっぱりコレ。反射きてもLKの攻撃は一撃の威力に欠けるので無問題。
スタブ 案外使われない「遠距離」攻撃。SW張れば平気と思ってるウィズには特に有効で、そのまま数秒間止まっててくれたりする
SpP 1で威嚇・妨害、5で殲滅。5はスタン中に使うぐらい。
コンセ Hit+50!Hit+50! H i t + 5 0 !! 基本そのためにあるスキル( ゚д゚ )



□クリエ□
ある意味きちんとした防衛戦に出る初めての後衛でした。
前半で弾丸消費は馬鹿らしいので後半戦のみ。使用弾丸数は60前後。
見た目からのゴス把握は非常に難しいが一回対処すれば把握は容易。

最大の問題はどの時点から射程に収めるか。そして高速かつ把握しやすい連絡経路の確保。

前者は防衛でより大きな問題。
特に狙う職を狙うのは既に前提だが、規模の大きい攻めではそんな甘い事を言っている暇はない(そりゃそうだ)。
というわけで、今回は見極めを重視してブラギの届く最大地点にてサイト展開。迎え撃った。
崖到達前にほぼ殲滅可能だったが、攻撃主は鯖最大手なので被せSGが期待できずゴス相手に苦戦する。
やはり後方過ぎるADSでは少々着弾が遅すぎるようだ。
さて、では前方の敵に撃つとどうなるのか?
これはコスト増のリスクを伴うが、最も確実に敵を減らす手段になる。
というのは、大魔法地帯の敵はまず凍結耐性、水or魔法対策装備である。
魔法地帯を抜けた敵の耐性はこの限りではなくなるので無耐性装備の縛りがでてくる。
ADSと似た性質をもつスキルに阿修羅があるが、最も良い阿修羅との分業は魔法地帯での阿修羅(近距離・固定無属性の縛りに対する最大の対処)と罠地帯に投げ込むADSかも知れない。
が、それでは悲鳴やLPに対処できない可能性が高い。
LPはGbtやLP返しでの対策も期待したいが、一枚対策ではボロがでる。
そうなると一体どこに配置するのが適当なのか。次回出撃時にさらなる検討を予定。

さて、後者の連絡経路は攻めに関するものだ。
終盤での行動はほとんどのGが散りがちである。
それをまとめるのが最も先決だが、そのためにもきっちりした連絡系統の確立が前提だと言えよう。
一方で、派遣EmCなしの防衛張りでは連絡系統にそこまで神経を使う必要はないと思う。
つまりこの連絡系統は派遣攻撃の成功率の貢献への1アプローチである。
それでは、今の段階で自分のクリエにそれが必要なのかという問題も考えられる。
もっともだ。少なくとも自分自身は低いレベルのまま派遣に出て足を引っ張りたくないと思う。
ある程度の高いレベルと装備があって初めて出れるようになるかなぁ。他人が出てくれる分には助かるんだけどね。
というわけで、派遣攻撃そのものの情報はなくても大丈夫。しかし派遣先の砦状況を知りたい。
例えば今回のような状態ではERの情報が欲しかった。
簡単に説明すると 既に防衛体制、罠がマップ3多数、ERとマップ3に侵入者、しかしERの外にいる者には情報がない である。
戻れない上にERからの情報はない。
これではADS乱打しつつERに戻っても何の意味もない行為となる。
しかも今回の使用弾丸の約半分はこの「無駄な行為」により費やされたものだ。
無駄な経費を抑えるのが重要だというのに、こちらには「今何が無駄になる行為か」を判定する材料すらない。
自己判断能力を頼りにできるのは確かに良いことだが、そうできる所はそうすべきだとは思う。
しかし個々人のもっている情報を共有しない事に益はないのではないか。
というわけで、連絡系統が増設されない限り派遣時の(自分の)クリエは現状期待できない。

最後に。
問題や課題は多いがやはり面白い!!
[PR]
by qodama | 2008-06-09 19:03 | RO日記