リチャード : 「ようこそおれさまのblogへ。本体?しらんがな」


by qodama

魔王カラス

名も無きプリーストだとひねりがないからと、捻り過ぎたらすごいタイトルに!
すごくない?Ч∵h

さて、前衛で、特に騎士系でPTに参加していると、狩場の難易度というものがピンとこない事があります。
防御に徹した装備にすると、生き残るのに難がないから、だと思います。

そして、支援の立場で行くそれぞれの狩場は難易度が如実に知れる傾向がありました。
単に支援する腕が不足している気もしますが…Σ(゚д゚ )

そんな色々足りないプリで思うところをまとめてみました。





・PT支援

やる機会があるのはいいが、最近の高レベル狩場にAGI支援プリで行くのはちょっと怖い(゚ロ゚;


@農具D2F
大量に釣る場合の釣り役は、高HP・複数耐性装備に$が必須。
装備DEFはどうせ剥げるので諦めてOK。
普通に狩る場合は、前衛が性能に見合った数の釣りをすれば、それほど辛くはない。
ただし、もちろんウィズの腕、氷割り/サブ火力の、腕と威力も絡んでくる。
魔法は1セットにつき複数回入るので、個人的にはサフラがしにくいと思った。

また、構成を後衛にシフトやAGI前衛を壁にするなどでも行ける。
が、釣り過ぎると死ぬのでその辺のタゲ数調整ができるかどうかが非常に重要になっているようだ。


@BAD
Dレイス→闇ブレスで耐えてやらあ! → でも当たると痛い
ミニデモ→闇ブレスで耐えて(ry → 無理
ゾンマス→闇ブレ(ry → 可能だけどここまでやるとSPもたない

要は闇ブレスの無駄撃ちは避けましょう、と。

やっぱBADクラスになるとアスムが欲しいところです。
前衛がミスって大量になすると転生前の後衛支援は即死です。
最低限タゲもつ覚悟のある人は闇服を着ましょう…。
なんだかんだ言ってPT狩場の前衛って装備や動きが分かりますし、そこが重要です。
硬い支援が壁張れることがあるのも、やはり動きが良いからという事が多いようです。
支援の役割による立ち位置の差などはもう少し上手な人から技術を盗みたいところ…。


@名無し(N修道院03)
いよいよ支援にも様々な要求が出てきます。
基本的にここは転生前の職で来るのがきつい場所です。
現在では転生することは楽になってきてはいますが、
一方で、全体的な水準として転生は以前に比べれば高いハードルでなくなってきているのも事実です。
それなりに努力すれば到達できるポイントまで下げる方が、三次職の価値は上がりますし。
(とは言え、三次の要求レベルを下げるとあまり意味がない気がしますが…)
そういう意味で現在のひとつの「高レベル狩り場」の指標として名無し3Fがあるのだと思います。

前置きはこのぐらいで(゚ェ゚)
まずアスムが前提みたいな狩場なので(全員不死盾(悪魔チェンジ可)+風or闇鎧でもかなり無理がある)
素プリが行くのは廃プリの負担軽減が目的になります。
やってて感じたのは以下の二点。

・ヒール以外のアコ系スキル各種(と、できれば解毒も)とマニピ5が重要
・死ぬな

廃プリでは新スキルと合わせてスキル取得が厳しいうちはマニピ3の人も少なくないようです。
高DEX廃プリでもアスムにはそれなりの詠唱があるので、できるだけマニピは担当しましょう。
また、ヒールより他のスキルを優先したのはメディタを意識した選択です。
下手すると一番SP食うのがヒールということもあり、SP回復速度・ヒール量を考えるとこうなります。
とは言え、廃プリの型やその場の状況にもよるので、あくまでこれは行った時の感想という認識でよろしく(゚ェ゚)b

で、その使うスキルは

ブレス 速度 マニピ キュア (できれば)解毒 リカバリー

こんなトコ。ちなむとキュア・リカバリーはネクロのフィアー対策。
特にフィアーのあと混乱の音が聴こえたらPT全員にかける勢いでキュアを回そう。
解毒はなくても良いが、後衛支援が長時間毒にかかっているとSPに支障が出る場合もある。
あとは分担によって+LDという感じ。
そして何より、大きなポイントは死なないように動くこと。
一旦倒れると他支援に自分の仕事分の負担がいくわけで、それは危ない。
状況にもよるので一概には言えないが、とにかく気合で生き残って支援し続けよう。



・ペア支援

AGI型の得意領域はむしろこっち。
数を要求しないので(注:ウィズペアはきついです)1~2体なら持っておける敵は多いし、
何よりルーチンワーク以上の行動を必要とするのでとても楽しい。
そして、どうもアサシンペアが自分は向いてると思うんだけど、段々『支援アサ』をやってる気分に…

なりませんか(゚v゚)そうですか


@氷D3F
ペア支援で来ると言ったらここ!
というぐらい多い…錐装備シーフ系、プロボ併用のクイッケン重視した剣士系とがメイン。

どちらにせよ速度で切るタイプがメインなのでHFを最も警戒する。
キリエの張替えを重視しつつ、ゲイズティの数が多い場合のニュマロード・闇ブレスもできるだけ迅速に行う。
ニュマ+キリエなら、ニュマ時の囲まれ判定という弱点を(近接攻撃に対してはバリア分だけ)緩和できるので、うまく活用する。

AXとのペアの場合はSbrを多用することもあるので、その場合はニュマを抑える。

あとは攻撃手の位置をよく把握してHFの範囲に入らないようにすればOKかな。
感覚的にできると良いこと悪いことはちょっと把握しにくい気がするw

@ニブル(谷)
渓谷の方です。谷は顔ではなく「たに」です(
前記物理前衛系に加えて弓手ともペア可能。
他の型はともかく、AGI型はタラ盾一択でブラマダを警戒。
同じく警戒するのがハイロゾの減速。スキルレベルは低いものの要求Fleeギリギリだと一気に避けれなくなる(IA10状態からの減速でFlee15低下)。

それ以外の敵は闇ブレスで空気。デュラハンには闇ブレスよりLD。
こうなれば、あとは抱えFlee減少と時々くる攻撃の当りに注意するだけだ。


思いつくのはこんなトコ(`з´)
認識間違いとかないといいけど、VITやDEXを重視するタイプとは一部で事情が異なるのが難しい…。
間違いは知って直していきたいけど、多分支援中は聞いて理解する余裕はない…気がするorz
ま、まぁ頑張ってみます(´・ω・)o

それより今はAXだ!
[PR]
by qodama | 2008-07-25 16:57 | RO日記