リチャード : 「ようこそおれさまのblogへ。本体?しらんがな」


by qodama

絶好調(゚∀゚*)ノ

フンフンフフーン
そういえば最近PT狩りのっけてなかった気がする(゚ェ゚)

こんな感じ
[PR]
# by qodama | 2008-10-26 19:15 | RO日記

その後のLK(など)

さて、悩んでたLKですが、勇気をだしてこうなりました!


e0129270_2223961.jpg

俺:ゴヴニュ三兄弟♪


なんてこったい(゚∀゚;)コリャダメダ(Eさん撮影協力ありがとう!)




いや、実際はしっかり変えてきたよ!?

嫁さんのきまg鶴の一声でランダムに賭けてみる・・!

心の中で「変なの来い(゚∀゚)」と願いつつ…!


e0129270_2313121.jpg



…(゚ロ゚;

AX・アサに引き続いてこの髪型!
進歩がないよ!

髪型に進歩があるのか?という疑問は堀の外へ投げておいて。

色変えてもビミョーだし、頭装備もいつものアレなんで、まぁこのままでいいかなぁとw

そんなワケで、この件で各方面に色々とご迷惑おかけしました(・∀・)ノ テンキゥ!

その前後で色々と
[PR]
# by qodama | 2008-10-25 05:16 | RO日記

LKで名無し前衛

すんません、装備を間違えてぼろマントとシャドウウォーカーで名無し4人PTの前衛やってきました(
アッー!

でもいけた( ゚д゚ )

構成はLK(俺)・AX・HW・HP
支援で必ず全員止まること、AXさんにバンシー処理としんがり(横湧きネクロへの対処)を約束するのが重要。
今までと違ってHWが見切り詠唱酷くないからすっごい楽だった!
何が辛いのか他の人と組むまでよく分からなかったけど、やっぱりHWの腕って重要なんだね…Ч∵h

というわけで、今日はMdef装備(?)でも生き残れる名無しLKのまとめ。

More(おまけつき)
[PR]
# by qodama | 2008-10-21 18:20 | 狩りの考察

空想科学RO

そういえばガンススレに面白いのが載ってた(・∀・)+

バレット=全部散弾
ハンドガン/ライフル→口径小さくて広がらない
ショットガン→口径でかいから広がる

これで解決


どういう事かっていうと、元はSHOT23の後半にあった流れで

・グレネードだけROでは弾が違う!
 ↓
・ハンドガンとライフルとショットガンがなんで同じなんだ!
 ↓
・大口径ハンドガンと小さいライフルならいいがショットガンは構造がちげえ!
 ↓
・冒頭の書き込み



ってな展開がw
で、ミリタリーの知識はないんだがSFは好きなのでそこら辺で解釈してみると…。

まず現在の弾丸ってのは ケース + 薬莢 + 弾頭 の三つから構成されてる。
薬莢のとこがバーンと爆発して、その勢いで弾飛ばして相手に当てるわけですな。

いくつかの近未来SFやサイバーパンクの世界ではこの構造からケースを取り除いている。
推進剤そのものに弾頭を埋め込むというものだ。恐らく粘土細工のように。
利点はいくつかある。

・構造が簡単なので事故りにくい
・(恐らく)軽い+(恐らく)安い+効率の良い推進剤ならスリム化できる → 弾数増加or小型化
・推進剤の物質構成によってはゴミが減ってエコ

推進剤が極めて安定した物なら実用化されそうなものだが。
とりあえずそれはおいといて(゚ロ゚)っ ミ 。

この推進剤+弾頭ってアイデアを流用して、極めて安定、かつ半固形、水や油とも混ざらないゴム状推進剤ができないだろうか・・。
要するに小さないくつかの弾頭がゴムのような推進剤についてると。
ゴム同士は簡単にくっつくような素材。まぁゴムは重過ぎるから…エアロゲルみたいなものがあるといいなぁ…w
ユペの超文明でなんとかしろヽ(`Д´)ノ

で、弾同士の接着面積が小さくなるような形(円柱みたいな形で断面が正六~八角形みたいな感じ?)にしておけば簡単に切り離したり、逆にまとめたりできるかなぁと考えてみた。
こいつを打ち出すと、着弾時に反応しきれない残りの推進剤がサポの役割をして、鎧を着てる相手でも効果的に衝撃によるダメージを与えることができる、と。

さらに推進剤の中には、現実のショットガンに似た雷管らしき装置が入っていて、ある刺激によって推進剤が完全に反応し、弾ける。
すると内部の弾頭が散弾のように広がる。おぉ、なんか見事にまとまった気がするw


ハンドガンの場合はセミオートに切り離しては装填。勝手にくっつくから連射中の装填も楽チン。
薬莢がないので継ぎ足しさえ上手くいけば多重連射もどんと来い!である。 → ラピッドシャワー・デスペラードで弾が随時5とか10とか消費できるのはこれが理由。
ライフルも同上。現実世界にもセミオートライフルあるし…多分いけるよね…。
ガトリングガンは現代にある機関銃みたいに繋げて打ちまくればよろしい。
ショットガンは↑で説明したように雷管刺激装置によって散弾化する。
この時、機械仕掛けが複雑なために装填には時間がかかる = ASPDの大幅低下
恐らくフルバスタースプレッドアタックはこのアイデアでいくと、中途半端に推進剤を刺激し、意図的に「弾詰り」を起こして、雷管の起爆力を頼りに打ち出してるのかなぁ。
スプレッドはある程度柔らかく打ち出して雷管が起爆すれば広がるけど、フルバスターは銃身で爆発を起こすので負担がかかり、クールタイムが必要となる。
また爆発が間近かつ大きいので閃光や轟音の影響を受けることになる。


で、なぜグレネードだけ採用できないかというと。
弾がガス弾や中空弾などの大型ケース(これが恐らく「スフィア」)を必要するため、従来(↑)の半固形推進弾頭では打ち出せない、というのが理由になるだろう。

重さよりもこの場合敵なのは空気抵抗!
当たり前だけど抵抗が大き過ぎると凄まじく威力が死にます・・。



というわけで、案外楽に辻褄を合わせられたけど…言えることは一つ。
随分と未来的な銃弾だな!
こんなん撃てるならレーザーも撃てるわぁいw

面白いから今度絵でもつけるかな"(゚ω゚)゙

嫁さんのこと
[PR]
# by qodama | 2008-10-18 17:25 | RO日記

「風」

いやぁ、自慢じゃないけど、やっぱオーラAXいるってすっごいいいわぁ( ̄▽ ̄*

見た目よし、性能よし、しかも死んでも平気!
…やっぱり自慢にしか見えないか(゚д゚)

今回もそんなAAX使ってタノシー事した報告です。


[PR]
# by qodama | 2008-10-14 02:46 | RO日記